前へ
次へ

インターナショナルスクールは雰囲気が違う

グローバル時代とされる現代、確かに抱き偉業で社内公用語は英語、親友社員の半数以上が外国人といった日本企業が増えていて、日本企業と外資系と区別つつかないことになっています。
そうした現状英語教育力入れたいと思っているママが一度は考える選択にインターナショナルスクールがあります。
インターナショナルスクールは、元から日本に住む外国人のため設立された学校であり、一歩入るとそこは外国で日本の学校ととても違います。
そこで反される言語が英語であるのはもちろん生徒たちの雰囲気が全く違います。
ほとんどが日本員という日本学校に比べて世界各国国の子供が通うインターナショナルスクールはそれこそ人種のるつぼです。
そして、インターナショナルのスクールで学ぶメリットはネイティブと同じような英語量がついて、異文化触れられて、視野が広がります。
将来の仕事の選択肢が国内以外に世界に広がります。
またインターナショナルの学校は英語力が付き活躍の場が広がります。

Page Top