前へ
次へ

インターナショナルスクールの設定について

インターナショナルスクールはもともと外国人児童を対象にした教育施設で日本はインターナショナルスクールは学校教育法定められた学校ではなく、スクールの種類により義務教育受けてないと判断されたりします。
基本授業はすべて英語ですが、外国人自動対象にした教育施設としてのインターナショナルスクールは設立当初の理解であり、いまその限りでなくなりつつあります。
日本人がインターナショナルの学校通う理由は英語力つけるためです。
いまの日本人はグローバル化が進み、自分の子に世界で活躍してもらいたい願望がある保護者が増えています。
そして、一般的保育園より教育する意識が強くて、生活のほとんど英語ですごすのがプリスクールです。
プリスクールもインターナショナルスクールの学校形態と伊那路用に原則として構成労働省、文部科学省どちらの認可も受けていません。
インターナショナルのスクールと混同されやすい学校は語学学校ですが、日本人が海外へ留学したとき英語学ぶが学校です。

Page Top