前へ
次へ

インターナショナルスクールの注意点とはどこ

インターナショナルスクールはもともと、外国籍の子どもが日本の教育を受けられることを目的に設立された学校ですが、最近では帰国子女などではない日本人の子どもが多く通うようになりました。
なぜそのようなことが起きているかというと、子どもに良質な英語教育をさせてあげたい、将来に備えてグローバル的な視野を身につけさせたいと考えている親が増えているからです。
しかしインターナショナルスクールの中には学校法人として認可されていないところもあるので注意が必要です。
学校法人として認可されていない無認可の学校だと、就学義務の履行として認められないので、義務教育違反になってしまう可能性があります。
学校教育法の第一条にあげられている教育施設であれば、義務違反にはなりませんが、第一条にあげられていない学校は義務違反になります。
義務違反になりたくないのであれば、プリスクールやサマースクールなど短期スクールを活用するのもいいのかもしれません。

Page Top