前へ
次へ

インターナショナルスクールってどんなところ

国際化が進んでいく日本では、英語教育も徐々に変わっている傾向です。
またグローバル的な視野を必要としている現代では、ただ英語を話せるだけでなく、コミュニケーション能力も必要とされています。
そのような中で注目されているのがインターナショナルスクールです。
インターナショナルスクールは、子どもに良質な英語教育をさせたいと考えている親にとって魅力的に感じるものなのではないでしょうか。
帰国子女や外国人、ハーフの子どものために設立されたインターナショナルスクールですが、最近では日本人の子どもも通うことが多くなっています。
しかし、実際にどんなところなのか知らない人も多いのではないでしょうか。
インターナショナルスクールは小学校や中学校、高校のことを指し、学校法人として認められているところと無認可のところがあります。
実際は学校法人として認められているところは少なく、無認可の学校が多いのが現状です。
したがって日本人の子どもが通うと、義務教育を受けていないとされてしまうこともあります。

Page Top