前へ
次へ

インターナショナルスクールはわりと過酷

インターナショナルスクールといっても日本に住んでいますから日本語の会話力はそれほど心配いりません。
ですが日本の文化、読み書きについて家庭で学ばせるように親の努力が必要です。
日本人としてのアイデンティティは親の考え方、環境で両極端に分かれるはずです。
いろいろな国の人とであって日本人ということ強く意識するときと、完全に欧米文化同化して外見は日本人でも中身は西洋人という国籍不明の人になるケースです。
グローバル社会は、英語堪能なら生き残れる錯覚してしまいがちですが、英語話せる人など世界でいっぱいいて英語でなに伝えるかといったことが大事です。
日本人としてアイデンティティ育てるのがとても大事です。
また、今完全欧米スタイルのインターナショナルスクール以外日本の学歴取得できるインターナショナルスクールができています。
インターナショナルの学校選択肢として考えている親御さんたちは長所と短所をしっかり考えましょう。

Page Top